投稿記事に目次を付けるWordPressプラグインTable of Contents Plus

WordPressの記事内に目次を付けるプラグインTable of Contents Plusを導入しました。

記事上部に目次を付けて、記事内の各見出しのリンクに飛べるようになります。

Table of Contents Plusとは

投稿記事やページに見出しをリスト状にしたメニューを自動的に付けることができます。

記事内の見たい見出しの項目に一気に飛べるので読み手に大変便利です。

Table of Contents Plusを使用する

インストール

wordpressの管理画面でプラグインの「新規追加」からTable of Contents Plusを検索してインストール、有効化します。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusの設定をする

管理画面で「設定」→「TOC+」を選びます。

TOC+

設定で、目次の表示位置や条件など細かな設定ができます。

基本設定タブで設定をします。

設定

位置はデフォルトで「最初の見出しの前」になっています。表示条件は私の場合、「以下のコンテンツタイプを自動挿入」の部分をpageからpostに変更、表示条件は「3つ以上」にしました。そして見出しテキストは「目次」に書き換えました。

設定2

階層表示やスクロールにしたり、外観を変更したりもできます。

私はここはデフォルトのままにしました。

設定3

目次の見た目を変更できます。ここもデフォルトにしました。

「設定を更新」をクリックすると反映されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました